ページ内を移動するためのリンクです。
HOME > 健康情報 > 歯の健康 > 歯周病の治療と定期健診
健康情報 メンタルヘルス・チェック 心のほっとライン 歯の健康

1.はじめに   2.どうして年を取ると歯が少なくなるだろう  3.むし歯ってなんだろう   4.むし歯になりやすい人、なりにくい人
5.歯周病ってなんだろう   6.歯周病の治療と定期健診   7.歯周病になりやすい人、なりにくい人   8.歯を守るための歯科医院の利用の仕方

      6.歯周病の治療と定期健診

歯周病の治療


歯肉炎、歯周炎の治療の基本は上手な歯磨きです。図5-9のように歯と歯肉の間、歯と歯の間にプラークが残っていますが、歯科医院で歯磨きの練習をすることによってとてもすっきりしました(図5-10)。歯と歯の間は、デンタルフロスや歯間ブラシを用いると効果的です(図5-11)。

 ●図5-9
 ●図5-10
 ●図5-11

 

●歯科医院での治療

歯科医院では、一人一人にあった適切な歯磨きの方法を練習した後、歯石やバイオフィルムを様々な機械や道具を使ってきれいに取り除きます。図5-12の左が治療前、右が治療後です。進行した歯周炎ほど治療が長引きますし、治療後にしみるなど不快症状がでやすくなります。逆に早く治療を始めれば楽に終わりますので、何度も繰り返しますが若いうちから健診を受けましょう。

 

               ●図5-12

 

●定期健診

歯周病の治療は歯石を取ってそれで終わり、ではありません。再発しないように定期健診を受けましょう。定期健診では次のことをおこないます。

1.家庭での歯磨きのチェック

きちんと磨いているつもりでも自己流になってしまう人が多いようです。健診の時に磨き残しがないかチェックを受けましょう。ちょっとコツを知るだけでとてもすっきりすることがあります。

2.健康状態や生活環境のチェック

年齢と共に健康状態や生活環境が変わってきます。女性なら更年期に体調が大きく変わることがあるでしょうし、子供や両親のことでストレスが高まることもあるでしょう。そのようなときに、適切なアドバイスを受けることができます。

3.むし歯や歯周病のチェック

新たなむし歯ができていないか、歯周病の再発がないかを調べてもらいます。もし、問題が見つかった場合は適切な処置を早めに受けましょう。

4.徹底的なクリーニング

家庭では磨くことが難しい歯と歯の間、歯と歯肉の間、歯周ポケット内などを様々な機械、器具を使ってクリーニングしてもらいます。終わった後はすっきりしてとても気持ちがよいものです。

 

前ページへ

 

次ページへ


もどるHOMEページ上へ